トンキン的中国株日記

自分の持ち株を評価したり、中国株に関するニュースに切り込んでいきます。
2017/09≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗!・・・・

いやー 本日は失敗しました・・・ 二日間ダウの大幅な下げにより本土・香港とも大幅な下げを覚悟していました・・・予想通り本土・香港とも大幅な下げになりましたが、どういうわけか中国製薬だけは爆上げしました。これはラッキーと思い、3%高でうっぱらったら・・・まさかの更なる上昇になり、前場は6%も上昇しました。今日は本当に凹みました。

中国製薬は実は本土のどっかの証券会社が短期の上昇を見込んでいました。チャートを見ても確かにゴールデンクロスになっていて、当分は上げ相場になるとは思っていましたが、本日はかなりの下げ相場でしたので、この銘柄の特徴である・・

朝高→急落 を予想していましたが、見事にやられました。結局5%強の上げで終わりました。

結構チャートって当てになるのをまざまざと見せ付けられました。そういえばレノボ・TCL多媒体もゴールデンクロスになってから上げが続いています。レノボはいったん天井になっているような気がして

実は中国製薬を手仕舞いしたあとレノボの購入も考えましたが、どうもいったん調整が入りそうでやめました。そこでゴールデンクロスになった結構優良な銘柄で
・大連港
・香港中旅
・レノボ
の3つを挙げこのうちひとつの購入を考えました。

レノボは上記に記載したとおり、どうもいったん調整が入りそうなチャートの動きでしたのでやめて
次に大連港を考えました。
大連港は意外と知られていない優良な銘柄ですが、最近の貿易不振によりくすぶっています。
大連港は大連港集団の子会社(と言っても親会社とどう違うのか?)ですが、大連港自体この大連港ぐらいしか所謂大連港の権益を持っていなくて、実はほぼ独占状態になっています。また、東北唯一の石油備蓄基地でもあるため、重要な港でもあります。
また、最近A株上場を実施するとも発表されていまして(上場した資金は親会社から資産を買収する予定)なので勢いづきそうなのですが・・・ただA株上場により希薄化も心配されています。

香港中旅は政府系の旅行会社ですが、最近のインフルとサブプライムショックによる旅行客減少により現在は低迷していました。ただ、国慶節は大幅な旅行客増(これは石油の値下げによることも起因)もありまして、また、この子会社にマンゴウ・シティというネットで旅行代理などを行っている会社が大幅な増益もあり、またこの会社はホテル経営もしていまして近々ホテルの買収も行うことを発表していましてどこかのタイミング(M&A後?)に勢いづきそうなのです。と言う間に徐々に勢いづいていますが

一応僕は華潤セメントを中長期で持っていますが(現在は手放さないつもりですが)場合によってはセメントを手仕舞い上記2つの銘柄も考慮しています。

ただ、その前にもっとチャートの勉強をしてタイミングをつかまないと・・・・

この記事が面白かったら1票ください
投票はこちらをクリック→FC2 Blog Ranking


スポンサーサイト

やっと・・・兆しが・・・

やっと・・・兆しが・・・・北京オリンピック中は「ご祝義相場」とか言っていましたが・・・実際はぜんぜん祝義ではなく・・・地獄絵図でした。
よくよく考えれば、オリンピックに夢中で投資どころじゃないですよね~。しかし、マスコミ・アナリストが騒いでいるように、オリンピック後の経済後退が深刻の件ですが・・・それは、中国の問題ではないですよね。別にオリンピックが中国経済のすべてではないし、というよりほんの一部(まあ、セメントとコカコーラがたくさん売れたぐらい(笑))なんで、中国は今後経済後退はするでしょうが、それは世界の敵ダメリカのせいでしょう。
とはいっても中国はそんなに弱くないので大きく後退することは絶対にないでしょうね。

しかし、ダメリカはほんとに「世界の敵」ですね・・と言うより馬鹿ブッシュが世界の敵なのか、石油高騰についてですが、僕は最近毎夜石油相場を見ていますが、一日に2ドルぐらいの幅で上下を繰り返しています。ひどいときは5ドルぐらい上下していました。以前はセントの単位でしかも、上下することはありませんでした・・・それをみるとどう見ても投機マネーが相場を動かしていますが、ダメリカは動かないようですね・・・本当にダメリカは自分のことしか考えない世界の敵でしょう。いかに世界でダメリカを嫌うのがわかりますよ。頼むからオバマさんが大統領になってほしい。負けインだと更なる地獄絵図が始まりますよ。

そんなか、香港株はやっと正常に戻りました。オリンピック中はNYダウはどう動こうとも下がり続けましたが、どうやら最近は世界の動きに連動してきました。ただ、本土は未だ下がり続けています。特に上海Bは大幅に下がり続けています。上海振華港口機械をはじめ中国でも優良な銘柄をそろえた上海Bがこれまで下がっているのは不思議です。上海振華港口機械なんか現在バーゲンです。クレーン製造の世界一の同社が投売りされているんのは信じがたいです。僕もポジションをとっていれば買いたかったです。

ですが、逆に言うと上海Bが一番先に下値を探り底値を固め復活をするのではないのでしょうか?優良銘柄が多いので下値は探りやすいではないかと思います。
中国政府主導で行われるという観測がある数々の対策も、早く実現してほしいですね。その中でも非流通株の対策はしっかりやってほしいです。

この記事が面白かったら1票ください
投票はこちらをクリック→FC2 Blog Ranking

滅亡・・・・

最近書くことないですね~。現在の相場では、何をやっても意味がない。つまり相場が悪いときにポジティブイベントを起こしてもほとんど反応しないですね。例で言えば、中国建材親会社が浙江省の最大手セメントメーカを買収するとの報道もぜんぜん反応しませんでした。逆にネガティブなニュース例えば・・・本日はアルミナの価格が下落したとのニュースにすばやく反応して、中国アルミが爆下げしました。

しかし、こんな相場になったのもすべてダメリカ人が馬鹿ばっかりなんでしょう。確かポールソン財務長官は、「現在のWTI石油相場の高止まりは投機によるものではなく、需給逼迫によるものだ」とふざけたコメントをしていました。僕は最近NYダウとWTI石油のチャートを寝るまで見ていますがどう見ても投機の動きしか見えません。こんなのを野放しにしている馬鹿ブッシュはさっさと退陣してほしいものです。ちなみに負けインが次期大統領になったら同じようになるんですかね~。オバマさんがんばってください。

で日本に目を向けると・・・とうとう日本滅亡のシナリオが出来てしまいました。お金を持っている人はさっさと日本から逃げたほうが良いのでは?
本日の内閣改造の布陣を見ました・・・・確実に滅亡の道を歩みますね。財務に伊吹 経済に与謝野国土省に谷垣 これだけを見ても「ああ滅亡だな」と感じました。

なぜなら・・・伊吹も谷垣も古賀に近く、どう見ても道路特定財源の一般財源化を骨抜きにするに決まっていますな。どうせ来年の予算では1000億ぐらい上澄みして3000臆ぐらいにして「よくやった」とか言ってやっぱり無駄な道路は相変わらず作られ、与謝野の音頭で消費税が上がり、それを道路財源にまわすんだろう。また渡辺改革相の首がすげ替えられ茂木?なにそれ?野田?ほとんどが古賀に近いやつばっかじゃん。また「ばらまき」「税金アップ」政権復活だ!

と言うことで日本の政治悪化=日本経済の滅亡で更なる相場低迷に拍車をかけるのか?それともダメリカや邪パンがだめでも中国はがんばってくれるのか?神のみぞ知るのか?

この記事が面白かったら1票ください
投票はこちらをクリック→FC2 Blog Ranking

証券会社の足の引っ張り合い

本日は久しぶりに香港の相場がよかったですね。我が中国製薬も久しぶりにニュースがありました。

抗生物質・ビタミンC生産の中国製薬集団(1093/HK)は13日、2億香港ドルの銀行ローンを獲得したと発表した。借入れ期間は4年間。資金はリファイナンス(借り換え)、設備投資などに充当する。

と言うニュースですが・・・余り大きくないような気がするのですが・・・実は大きな出来事があるのかもと願いつつ・・・

しかし、今日はそんなことより大いにくだらないニュースがありました。

シティグループはレポートで原油高からもっとも影響があるのはアジアであると予測したようである。来年も1バレル=122ドルの高値にとどまった場合、アジア経済を直撃すると・・・・

ちょっと前もモルガンが7月に原油が1バレル=140円(150円?)を超えるとか言って相場に大きな影響を与えました。さらにこの手の大手証券会社同士でわけのわからん・・・評価をしてNYダウを下げまくりました。
どうでもいいけどこの手の金融機関があの忌まわしい「サブプライム・ローム」問題を生み出した原因であること忘れないわ!

サブプライムローン問題を発生させて頭がおかしくなったのか?やけくそになったのかわからないけど・・・とにかくお前らのせいでこういう状態になったというのに・・・もう少しおとなしくしてろよって感じですね。

バフェットは言っています。「Mrマーケットに耳を貸すな」と結局その株価を上げるのは、経営者の質だと・・・・

この記事が面白かったら1票ください
投票はこちらをクリック→FC2 Blog Ranking


優良国家・香港

今日は恐れていたことが・・・・先週末NYダウで300ドル以上の下げがあったため、それに引きずられてH・レッドとも4%近く下げました。何でも先週末NY市況AIG(米最大の保険会社)が本決算で大幅な赤字をだし、バーナンキFRB議長がまたわけのわからんことをほざいたため下がったようで・・・

しかし、思うのですがもうどうせアメリカの景気はすでに後退しているわけだし、今後も後退するでしょう。いまさら狼狽して株式をする、そこのあなた・・・株式をやるのはやめなさい。忠告します。

先日こんなニュースがありました。
・香港政府が年次予算演説、各種減税措置打ち出す

香港の財政は明るく2007・2008年は1156億HKドルの黒字になったようです。そのため、所得税の減税をはじめ酒税減税やホテル税の撤廃を行うそうです。特にホテル税撤廃は、ただでさえ香港観光はにぎわっているのに、更なる観光人の呼び水になります。まあ、北京オリンピックの後は「香港にもおいで」のような感じでちゃっかりしています。

いずれにしても香港はこのように財政も民の懐も豊かだし兄弟のような国シンガポールなんかも国・民がもっと豊か、シンガポールのヘッジファンドは世界を席巻しているし、中国にしても途上国とはいえ、外貨準備高世界一だし、市場は大きいしこれから内需拡大もしていく、インド・ロシア・ドバイなどの大きな力を持った国が存在し、アメリカが多少景気が後退したから何だっていうんだろう。そんなに対アメリカの貿易に頼らなければだめなら国を辞めたほうがいいですよ。

余談だけど・・・どこぞの国のように無駄な道路をつくり大幅な赤字を出し、ギガント借金をし、そのうち滅びそうな国」と、民を豊かにし、国家も豊かになっている香港とどちらの株を買いますか?そこのあなた

この記事が面白かったら1票ください
FC2 Blog Ranking



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。