トンキン的中国株日記

自分の持ち株を評価したり、中国株に関するニュースに切り込んでいきます。
2017/09≪  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  ≫ 2017/11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だんだん三農問題解決?

本日の香港市場は荒れました。ほとんどレッドチップしか見てませんでしたが、騰がったのはわずかで、その中で僕の保有株「中国製薬」が結構騰がっていました。まあ、騰がっていたというより、本来の値に戻そうとしただけですが・・・・

高値では3.08HKDをつけていたのですが・・・かなり落ちました。ただ、やはり中国製薬は下支えがあるように思えます。かなり良いニュースが有りましたし。やはり、レノボも本気モードになってきました。IBM買収がとうとう効果が出てきたようで、世界のレノボになったし、そのグループの中国製薬もかなりの期待があるように思えます。

ただ、H株で広州薬業は急伸しましたので、もしかして医薬業に良い政策が近じかあるのでしょうか?他の医薬銘柄も騰がっていたような?

ところで中国製薬にとっても良いニュースですが、中国自体にも良いニュースが有りました。以下です。

農業従事者の負担軽減を目指し、国務院が国営農場の税改革を実施する。国務院の農村綜合改革チームはこのほど、各地の政府機関に向けて国営農場の税改革を進めることを要求。改革支持のために国家財政から毎年50億元の支援を行うことも明らかにした。
 試算によれば、改革により合計62億人民元の税が軽減され、1856万人が対象となる。1人当たりでは332人民元の税負担が軽減される。

なかなか三農問題に手をつけてきてなかったですが、ちょっと前は農業従業者の医療保険をできるだけ多くの方に加入するように図っていましたし、今回は税負担の軽減をするようにしました。

これは農業の収入が良くなるだけではなく、いま話題の食品安全問題にも大きくプラスのなるでしょうね。いま、農家は格差に悩まされ、手段を選ばず、お金儲けをしようとしているようです。これはしょうがないことでしょう。ちょっと農業問題をないがしろにしていると思います。

でも、第11次5カ年規約は本気で三農問題に手を入れようとしているように思います。株価だけではなく、中国の農業の発展を心から期待しています。中国の東北地方の野菜は本当においしかったですし、大豆はなんといっても「黒龍江省産」が一番です。
スポンサーサイト

三農問題!

本日も中国製薬は取引停止のままでした。そんなに「けんけんがくがく」しているんですかね~さっさと買い付け価格を決めればいいのに?何かサプライズがあるのかな~と期待していますが?期待を裏切ったら売らないぞ!って感じです。

本日は農業銘柄で大手の超大現代農業が大幅安になっていました。会長による大量の自社株売却が嫌気され、大量に売り込まれたとありました。なんと!おいしい話ではないかと思ったのですが、なにせ今の僕にはどうしようもないことでありました(悲)

超大現代農業緑色食品中国食品と並ぶ農業の優良銘柄(といっても農業関係はこのくらいですか?)で去年は生産拠点の拡大を計画し、売り上げもどんどん伸びています。

また、配当も緑色食品とともにかなり良く、買いたいな~と思っていました。ただ、最近本銘柄も緑色もぐんぐん騰がってきているため、あまり狙いはなかったですが、こういう負のイベントが却ってチャンスを生みそうです。

とにかく農業はいわゆる中国の三農問題があり、昨年政府も農業支援に500億元をつぎ込むと発表していましたし、なにせ第11次5ヵ年規格で環境問題と並ぶ最重要課題として捉えていますのでぜひとも狙っていきたいとは思っています。このまま下がるようでしたらぜひ押し目で買いたいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。